sponsored link

コンドロイチンの効果

サメの軟骨粉末には軟骨の成分であるプロテオグリカンの原料となる
コンドロイチンを豊富に含有しています。

このコンドロイチンは軟骨細胞で作られる軟骨分解酵素の働きを抑えるため、
軟骨の分解を抑制します。

このためグルコサミンとの併用が勧められており、併用によって、
軟骨の代謝をコントロールして軟骨の退化を防ぐのに有効です。

では、軟骨とは何なのでしょうか?

関節には骨の先端を覆うゴム状の弾力のある半透明の組織があり、これが軟骨です。

この軟骨の働きは関節を滑らかに動かす潤滑作用や圧力を分散するクッションの役割があります。

しかし、加齢や肥満、過度の運動または運動不足などによって、
関節軟骨が磨耗し関節に炎症や痛みが起こり、関節症となります。

健康な関節を維持するためには、
軟骨細胞を構成する「グルコサミン」や「コンドロイチン」を補給することが重要です。

プロテオグリカンとは軟骨や結合組織中に多く含まれる生体高分子で、
コラーゲン、水分と共に軟骨基質を形成している糖タンパク。

ビン等を洗うブラシのような形をしています。

軟骨の内部はスポンジのような網目構造で多量の水分を保持できる構造になっています。

プロテオグリカンを構成しているのはコンドロイチン硫酸やヒアルロン酸、
ケラタン硫酸などのムコ多糖(グリコサミノグリカン)の集合体です。

sponsored link

グルコサミンの効果

年齢とともに発生してくる関節の変形の根本原因を治療するための物質の中で、
医師が処方する薬からそうでないものも含めて、
グルコサミンは最も強力な治療薬の一つです。

グルコサミンは食品の中にごく少量含まれている栄養素で、
体内でも軟骨細胞から作り出されるアミノ糖です。

その主な働きは軟骨を作るのに必要な、
グルコミノグリカン(ムコ多糖類)の生成を促すことです。

グルコサミンは、磨り減った軟骨を元に戻す働きをし軟骨が分解するのを防ぐ働きもします。

若干の抗炎症作用も確認されています。

コンドロイチンを同時に摂取するといっそう強力な効果を発揮します。

イタリアで行われた研究によれば、変形性関節炎に対して一般的に処方されるインドメタシンなどの非ステロイド抗炎症薬と比較して1,000倍~4,000倍も安全であることが確かめられています。

グルコサミンは軟骨の成分であるプロテオグリカンの原料となるだけじゃなくて、
軟骨の生成を活性化する作用が知られています。

これはグルコサミンの存在が軟骨細胞を刺激してプロテオグリカンの生成を促します。

この作用はグルコサミンの量に比例しています。

sponsored link

SEO対策
 1  2  3  4  5